コラム

2020.06.29

医師のクリニック開業までの流れ|失敗する開業と成功する開業の違い

目次

勤務医としてある程度経験を積むと、「そろそろ開業医になろう」と検討される医師も多くいるでしょう。自分の医院を経営することは、医師にとっての大きな夢です。しかし、医院開業にはメリットもあれば、デメリットもあるため、必ずしもすべての医師が開業を目指すわけではありません。この記事では、医院の開業について掘り下げ、詳しく解説していきます。開業医になることを検討している方は、是非参考にされてください。

医院開業のメリット

勤務医を辞めて開業医になると、以下のようなメリットを得ることができます。

・自由度の高い勤務ができる
・収入増を目指せる

勤務医がサラリーマンなら、開業医は個人事業主です。そのため、組織の方針に囚われず、自分が裁量権を持って、高い自由度の元に医療行為を行うことができます。また、収入が増えることも大きなメリットです。一般に、開業医の年収は勤務医の1.7倍になると言われています。

医院開業のデメリット

開業医になることには、当然デメリットもあります。

・医師としての業務以外に時間を取られる
・代わりがいないため休みにくい

勤務医時代は病院が行ってくれていた保険料や税金の支払い等、すべて自分の責任になります。また、看護師や事務員を雇う場合には、労務管理もしなければならず、医師としての業務以外にも時間が取られてしまいます。また、医院には自分以外の医師がいません。そのため、休みづらくなるというデメリットもあります。

医院開業の流れ

実際に医院を開業するためには、以下のような流れで手続きをする必要があります。

1.開業コンセプトの決定
2.開業場所の抽出・決定
3.資金調達の方法を検討
4.内装工事
5.医療機器の選定・調達
6.保健所など行政機関への申請・届け出
7.集患のためのPR

上記はあくまでも一例です。スタッフを雇用するために、求人を出したり面接をしたりする必要もあります。

医院開業に必要な資金

医院開業は、テナントで行うと5000万円、戸建てで行うと1億円は必要と見積もられています。しかし、あくまでもケースバイケースです。承継により開業したり、居抜き物件を利用したりする場合には、費用をある程度は抑えることができます。

また、自己資金だけで費用を調達できない場合には融資を頼るのが一般的です。

医院開業する医者の平均年齢

医院を開業する医師の平均年齢は約41歳です。この年齢で開業の選択をする医師が多い理由としては、

・経営も含めて新たなやりがいが欲しい
・収入をアップさせたい
・勤務医としての限界を感じた
・同年代の医師が開業をした

といったものが挙げられます。

医院開業に失敗する原因

医院の開業は必ずしも成功するとは限りません。準備不足や知識不足がたたり、失敗するケースも多々あります。具体的に、医院開業に失敗する理由としては、

・経営知識が不十分
・スタッフの管理が行き届かない
・患者のフォロー不足で評判が落ちる

などが挙げられます。それぞれ具体的に解説しましょう。

経営知識が不十分

開業医になることは、同時に経営者になることも意味します。経営者としては、経営戦略や労務管理などの知識が欠かせません。また、自分自身のPRにより集患を行う必要もあります。医院の経営や自分自身の生活が、すべて自分次第であるということを認識していない状態だと、開業後に大きく苦労することとなります。

スタッフの管理が行き届かない

開業すると、一人で医院を回すことは不可能なので、スタッフを雇用する必要があります。経営者としてしっかりとスタッフを管理したり、教育したりする必要があるのですが、開業当初は忙しさもあって、十分に管理が行き届かないこともあるでしょう。

スタッフ間の人間関係が悪く、いざこざが発生するケースもあります。また、労働条件への不満から、突然スタッフが離職を申し出ることもあるかもしれません。雑多な業務で多忙な中でも、風通しの良い職場環境づくりに努める必要があります。

患者のフォロー不足で評判が落ちる

医院の経営は患者がいて初めて成り立ちます。患者が来院せず売り上げが上がらなければ、赤字となり、経営を続けることはできません。そのため、集患対策はもちろん、来院した患者の顧客満足度を高めることも非常に重要です。

しかし、特に開業当初は、忙しさの影響もあって本来最も大切にすべき患者へのフォローが疎かになってしまうこともあります。その結果、落ち着いてきたころには患者が離れているというケースも少なくありません。大変ではありますが、どんな時も患者最優先に動くことを心がけておくことが大切です。

医院開業コンサルタントを利用する

医師としてどれだけ優秀な手腕をもっていたとしても、それが開業の成功につながるかは未知数です。開業医として成功するためには、経営の知識やスキルも欠かせません。

しかし、だからと言って開業を諦める必要はありません。例えば医院開業コンサルタントを利用すれば、開業に関する様々な面において手厚いフォローを受けることができます。また、そのフォローは開業後も継続して受けることも可能です。

自分一人での開業に自信がない場合には、コンサルタントの活用も検討してみましょう。開業コンセプトの決定から、開業後の経営安定のノウハウまで、長期にわたって優秀なパートナーとして活躍してくれます。

まとめ

勤務医から開業医に転身することには、メリットもデメリットもあります。単に「収入を上げたい」「自由に医療を行いたい」という動機で開業すると、雑多な業務に押しつぶされ、たちまち失敗するケースも少なくありません。開業医として成功するためには、デメリットもしっかりと把握しつつ、抜かりない準備をしておくことが大切です。自信がない場合には、開業コンサルタントを頼るという方法もあります。自分一人で準備するよりも、格段に開業の成功率を高めることができるでしょう。

医院開業バンク編集部

編集部

医師の転職・採用支援に20年以上携わる医院開業バンク編集部が、開業に役立つ情報をお届けします。

一覧に戻る