コラム

2020.06.29

医院の継承のメリットとデメリット|よくあるトラブルと引継ぎを成功させる鍵

目次

いざ開業医になろうとしても、やるべきことや準備が多くあり、簡単にはできません。さらに、数千万単位で必要となる資金を準備できないことで、諦めざるを得ないケースも多いでしょう。しかし、医院を継承するという方法を採用すれば、面倒な手続きや準備の大部分を省略することも可能です。この記事では、開業医になるための1つの手段である医院継承について、そのメリットやデメリット、起こりうるトラブル等について詳しく解説してきますので、参考にしてください。

医院を継承するメリット

医院を1から開業しようとすると、面倒な手続きや莫大な資金が必要です。それが大きな開業の挫折材料となっている事実もあります。しかし、医院継承という方法を採用すれば、開業に伴う様々な医師の負担を大きく緩和することができます。それは、医院継承には以下のようなメリットがあるためです。

・開業の初期費用を抑えられる
・スタッフや環境を引き継げる
・地域医療に貢献できる

今後は医師の高齢化により、医院継承の需要が高まることは間違いありません。開業を検討している医師の方は、医院継承という選択肢も頭に入れておくといいでしょう。

開業の初期費用を抑えられる

新規で医院を開業しようとすると、以下のように様々な初期費用が発生します。

・土地・建物代
・敷金・礼金
・仲介手数料
・内装工事費
・医療機器・院内設備購入費

すべてを合計すると、5000万円から1億円程度かかるケースも少なくありません。

しかし、医院継承の場合には、特に自分が強い希望を出さない限りは、支出が必須というわけではありません。そのため、大幅に初期費用を抑えることができるというメリットがあります。

スタッフや環境を引き継げる

医院継承とは、基本的に院長交代だけで完了します。スタッフが引き続き就労し続けてくれる場合には、医院が所在する地域や通院する患者について詳しいスタッフや地域になじんだ環境をそのまま引き継ぐことができるのです。

もちろん、1からのリクルート活動や社員教育にかかる手間も省略することができます。自分が地域に順応するのが遅れたとしても、勝手を知っているスタッフがいてくれるので、安心度は高いでしょう。

地域医療に貢献できる

医療機関が少ない地域の場合、1つの医院が閉院してしまうことは大きな問題です。患者が行き場を失い、遠くの医院に足を運ばなければならない可能性もあるためです。そのため、閉院ではなく、次世代の医師に医院が継承されることは、地域医療への貢献という観点からも大きな意味があります。

医院を継承するデメリット

医院継承にはメリットも大きい反面、もちろんデメリットもあります。具体的には、以下のようなことが挙げられるでしょう。

・スタッフとの人間関係
・前院長との理念やスタイルの差

それぞれ詳しく解説します。

スタッフとの人間関係

院長から医院を継承する場合、受付や看護師等のスタッフは、そのまま残留するケースが基本です。そのため、ある程度戦力として頼りになるスタッフがいてくれるというのは大きなメリットになるでしょう。

一方で、既にスタッフ同士の人間関係もできているところに、一人で飛び込むことになるため、良好な人間関係を構築できない可能性もあります。1から新規で開業する場合には、「自分には合わない」と思った人は最初から雇用しないという手もありますが、医院継承の場合にはそれができません。

前院長との理念やスタイルの相違

医院で働くスタッフは、よくも悪くも前院長の理念に染まっています。そのため、自分が前院長と異なる理念や考え方を有している場合には、医院全体に浸透させていくのは簡単ではありません。

思うようにいかず、やりにくさを感じることもあるでしょう。自分流にやりたいという思いが、スタッフの反発を引き起こして、仲違いにつながったり、離職を招いたりするかもしれません。

特に継承初期は大きく苦労することが懸念されます。

医院継承でよくあるトラブル

医院継承においては、きちんと話し合いや書面をもって、その医院の経営状況や患者・スタッフの様子について、情報を共有しておかないとトラブルが発生してしまいます。

例えば、経営状態が芳しくなく、大きな負債を抱えた状態で医院継承した場合、その負債を背負うのは継承した側の医師といったケースもあります。「自分の医院を持てる」ということばかりを考え、とんとん拍子に話を進めた結果、大きな負債を背負わざるを得なくなったということも十分あり得ます。

また、スタッフ間における力関係などについても、しっかりと情報を入れておく必要があります。情報欠如によるコミュニケーションがたたり、医師とスタッフ、またスタッフ同士におけるトラブルに発展するかもしれません。

引継ぎ成功の鍵となる2つのポイント

医院継承は、引き継ぐ側の医師がしっかりと、不足なく情報を得ておく必要があります。それこそが医院継承成功の鍵です。実際に、医院継承を行う際には、以下の点に注意して行いましょう。

・時間をかけて継承に取り組む
・信頼できるコンサルタントに相談する

それぞれ詳しく解説します。

時間をかけて継承に取り組む

「自分の医院を持てる」と気持ちがはやり、どんどんと話を進めてしまうこともありますが、それだと思わぬ落とし穴があるかもしれません。実際に継承したその日から、大部分の不安は払拭できた状態で仕事ができるようにするためにも、細かい部分までしっかりと時間をかけて、継承していく必要があります。

場合によっては、前院長の仕事の様子を近くで見て、実際の患者やスタッフの様子を把握しておくというのも有効です。スムーズな継承のためには引き継ぎが命です。

信頼できるコンサルタントに相談する

当事者同士の話し合いだけでは、どうしても不足が生じる懸念があります。できるだけ盲点をなくして、引き継ぎを行うために、専門のコンサルタントに仲介してもらうという方法も有効です。

実績のあるコンサルタントならば、これまでの経験をもとに、医院継承をスムーズに行うために必要な情報を細部まで把握し、徹底的に情報を集めてくれます。また、遠方の医院で医師自らが足を運ぶのが困難な場合には、コンサルタントに依頼することも可能です。

まとめ

開業医になる方法の1つとして、引退する医師から医院を引き継ぐ継承という方法があります。医院継承ならば、初期投資コストを削減できたり、熟練のスタッフからのサポートを受けられたりと、メリットは様々です。一方で、継承するからこその難しさもあります。スムーズな引継ぎを可能にするために、不足のないように、じっくりと継承に取り組むようにしましょう。

医院開業バンク編集部

編集部

医師の転職・採用支援に20年以上携わる医院開業バンク編集部が、開業に役立つ情報をお届けします。

一覧に戻る