コラム

2020.06.29

クリニック・医院の開業支援とは|支援内容や各地で実施されるセミナー

目次

クリニックの開業には収入の増大など、大きなメリットがあり、多くの医師が抱える夢の1つでしょう。しかし、実際に開業しようとすると、膨大な準備や手続きがあるため、想像以上に大変です。自分一人で全てをこなそうとすると、どうしても無理が生じます。そこで、開業を検討する医師には「クリニック開業支援」を活用することをおすすめします。

クリニック・医院の開業支援とは

クリニック開業支援とは、医師の開業をプロがサポートしてくれるサービスです。医師の開業への思いをヒアリングして、適切なサポートを施すことで、無駄のないやり方でスムーズに成功に導いてくれます。通常の開業支援・独立支援サービスの中で、さらにクリニックに特化したものとイメージすれば間違いありません。

開業支援は、サービスを提供している会社の専属スタッフにより行われます。


利用にあたっては、通常は料金の支払いが必要です。全ての手続きを網羅して、「一律〇万円」という料金設定のサービスもあれば、コンセプト固め・設立場所選定・事業計画書の作成など、個別の事案ごとに料金が発生するサービスもあります。

クリニック・医院の開業支援が必要な理由

クリニックを開業するためには、医療の腕前やある程度の資金はもちろんですが、集患のためのPRスキルや労務管理など経営に関する知識やスキルも求められます。勤務医として通常の勤務をしているだけでは、なかなか身につけられるものではありません。
さらにその他にも、以下のような準備が必要です。

• 開業用地の調査・選定
• 事業計画書の選定
• 開業資金の借入・交渉
• 各行政機関への申請・届け出

これら全てを医師一人で行うのは、不可能に近いと言えるでしょう。だからこそ、クリニック開業支援が必要とされるのです。開業支援を使えば、無駄のないアプローチができるので、より早く、より正確に開業を成功させることができます。一方で、開業支援を使わなければ、遅かれ早かれ挫折するタイミングが生じてくるはずです。

クリニック・医院の開業支援内容

クリニック開業支援を使って受けられる具体的な支援の内容は、以下の通りです。

■ クリニック用物件の紹介
■ 開業資金に関する相談
■ 黒字化させるノウハウ紹介

以下、それぞれの事項について解説します。

・クリニック用物件の紹介

クリニックを開業する際、最初の方にすべきことが用地の設定です。「このあたりで開業したい」という候補がある程度絞れていても、そこにお目当ての物件があるかはわかりません。実際に出向いてみたところ、使える物件がなかったということもあり得ます。そうなると、時間の無駄になってしまいます。
しかし、クリニック開業支援を使っていれば、医師のオーダーに従って、開業に適した物件をいくつか紹介してもらうことができます。その中には、一般には非公開の物件が含まれることもあり、思わぬ好物件を見つけられるかもしれません。

・開業資金に関する相談

実際にクリニックを開業する際には、ある程度まとまった資金が必要です。初期投資だけでも、5000万円から1億円はかかると言われています。加えて、運転資金も準備しなくてはいけません。

これだけの金額をポケットマネーで準備できる医師は多くないでしょう。そのため、一般的には借入を行う必要があります。

クリニック開業支援を利用すれば、金融機関出身のプロに相談できたり、またそのプロが実際に借入交渉をしてくれたりします。

・黒字化させるノウハウ紹介

クリニックの開業は、あくまでも入り口に過ぎません。その後、黒字経営ができなければ、たちまち廃院に追い込まれるケースもあります。

クリニック開業支援では、専門の経営コンサルタントを雇い、開業後のアフターフォローも充実させています。思うように黒字化できない、雇用したスタッフの離職が相次いでいる、顧客満足度が上昇しない、といった様々な悩みについて相談し、アドバイスを受け取ることができます。

まとめ

勤務医から独立し、自分のクリニックを開業させるのは、簡単なことではありません。医師が自分一人だけで全てをこなそうとすると、大きな無理が生じるでしょう。しかし、医院開業支援を活用すると、その負担を大きく緩和し、スムーズな開業の実現へとつなげることも可能です。全国各地で開業を目指す医師向けのセミナーも開催されていますので、まずはそちらに参加してみるのも良いでし

医院開業バンク編集部

編集部

医師の転職・採用支援に20年以上携わる医院開業バンク編集部が、開業に役立つ情報をお届けします。

一覧に戻る